♪BGM

©Plug-in by PRSU

プロフィール

味平

  • Author:味平

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

暗算トレーニング

by Orfeon

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宣言通りに最終日。これ以降の日記はmixiで。

いやー、それにしてもこんな拙い文章を二年と三ヶ月も、合計709件もの記事を読んでくれた人がいたとするなら頭が上がりません。そして言ってやりますよ、おまえ俺のファンだろと。調子に乗りすぎて恥ずかしくなってしまったので辞めます。



浮世にいられる最後の一日はと言うと、早起きして銀行に事務手続をしにいって、撮っておいたビデオを観て少し昼寝をした後に大切な人と飯を食べに行ったと言う話でした。

明日からは生活のパターンが180度変わってしまうと思うと、そしてこれがあと数十年は続くと思うと、大学生活の尊さを今更ながら噛み締めたりしてます。

さあ、もう日が変わりました。今から僕は、いや、私は社会人の一員です。皆様今までのご愛顧をありがとうございました。ログは消しませんが新しい日記は決して書きません(コメントは返すかも)。


それではまた、いつの日か。
スポンサーサイト
「学生時代」の身辺整理と「社会人生活」の準備に終われており、今日はまだ買っていなかったシャツの下に着る肌着とやっすい腕時計(お金貯まったら買い換える)と文房具一式を購入。あと染髪。まっくろ。課題本も残り30ページ。部屋の掃除も軽くやった。それにしても時間がいくらあっても足りない感じだ。資格試験の勉強はまだまだ残ってるし。



さて、以前に公言した通り、このブログは仕事が始まると同時に終了。つまり明日で最後ってことです。仕事をしながら毎日何か書く余裕はおそらくない、仕事の話を日記にしてしまうのは社会的に多分いけない、パトラッシュ僕もう疲れたよ等々の理由が挙げられますね。これからはたまーにmixiで書くことになるんじゃないかと思います。土日辺りに。

コメント数が何ともいい具合に、現在全部で994。1000の大台まであと6つということで、残り二日で届いちゃったりした日にゃおいちゃん嬉しいです。
卒業した。「大学生」だけでなく、「学生」という枠からもついに。


この22年間は、ドラクエ5で言ってみるなら少年時代だったんだろう。敵は弱く、危ないところではパパスに守られ、全滅してもお金が半分になるだけ。そんなぬるま湯生活からの脱却。遂に社会へ。熱湯へ。


その最後のイベント、卒業式・卒業式後の園遊会を共に過ごしたのは、言うまでもなくケスとゼミの面々。大学生活の8割を占めていたであろうケス、三年からはかなりの追い上げを見せて、最終的には大学生活の2割くらいは占めたであろうゼミ。どっちも大切なコミュニティだ。談笑も、写真撮影も、飲み会も、オールも、終わんないでほしかったってくらい。


27日からはドラクエ5で言う青年時代に突入する。残る期間は二日しかなく、もはや腹は括った。今日はそんなありあまる決意を見せてやると言わんばかりに髪を切った。やや切りすぎた。大学の入学式前に髪を切ったときもやや切りすぎたと後悔したもんであり、今も昔も俺は俺なんだなぁと何だかしみじみなってしまうのであった。


それから、明日は法事でほぼ一日つぶれてしまうため、実質残りは一日しかない。ということを思い出し、やっぱり腹を括ったなんてのは日記の上でかっこつけるための詭弁に過ぎないんだと実感した。腹を括ろうと括るまいと確実に残り時間は減っていくので、とりあえず風呂に入って寝ることにした。多分、これも一種の括った状態なんだと思う。
結論から言うと、ローマ三越は三大ガッカリの一つだった。海外らしさは一切ないし、安くも何ともないし、挙句品揃えは悪い。結局、ペペロンチーノのパスタを買っただけ。夕食にはマッシュルームのリゾットとナス焼きを食べた。



3月8日、ローマ(イタリア)


最後の二日は飛行機だけだから、実質この日が最終日。早起きしてヴァチカン博物館のオプションツアーへ。あ、この日も朝食はパンとジャムだけでした。もうほんとイタリアの皆さんって低血圧ですね!朝飯にかける情熱の少ないこと!


けだるさを前面に押し出した日本人ガイドさんに連れられて、朝から長蛇の列のヴァチカン博物館へ。特にシスティーナ礼拝堂内にある有名な「天地創造」と「最後の審判」の説明をしてくれたのだが、イタリア語の喋りすぎで日本語の発音を忘れかけてるガイドさんは何だか不思議な人だった。二つの絵にはそりゃもう圧倒されてしまった。礼拝堂から出た後は塔の天辺までいける500段の階段を登り、はーいよい景色でしたねって感じでヴァチ完。


8日間歩きまくりにまくったおかげで足の疲労は限界に達していて、日に日に足が痛くなる時間が早まってきた。最終日のこの日は午前中には足が重くなっていたような。それでもめげずに、負けずに、もはや使命感みたいな感じで、半ば強迫観念に捕らわれた僕らは歩き続けた。シャッターを切り続けた。おなかが減った。


有名なピザ食べ放題の店に挑み、直径50センチはありそうな巨大ピザを四人で3枚食べて、隣の席のイタリア人が食べていたパイナップルがマジで美味しそうで、最後の三大名所、真実の口へ。予定していた観光プランが全部終わった。ばんざいばんざいばんざーいという訳で、残りの時間は買い物とか自由行動へ。夕食はピザ二郎が消化し切れなかったためにジェラートを食べるって言う空しい最後の晩餐となった。



3月9日~10日、ローマ(イタリア)~ヒースロー空港(イギリス)~成田


9日の朝4時に起きて、7時に乗って、10日の昼12時にようやく日本。機内で寝れなくて大分辛いフライトだった。やっぱりオセロは上達せず、東野圭吾の「手紙」は旅行中に二周分読み、映画「Stranger than fiction」を観て過ごした。それにしても帰って思ったが、やっぱり日本はよい国だ。8850文字の卒業旅行海外編、ようやくおしまい。
それなりにワインを飲んでいい気分のうちらが駅に着いたのは20時10分過ぎ。どうにか切符を買って、19分の電車に乗ろうとホームを探す。日本とは大分違うからあっちにこっちに迷いつつも、時刻表を見て分かったことが一つ。「この駅には19分発の電車など、ない」


念のために終電一本前の電車に乗ろうとしていて本当によかった。終電は21時41分なんかじゃなくて21時ちょうどだった。偶然ウフィッツィ組と合流して、イタリア限定のマクドナルド『マックトースト』を食して時間を潰した。マックトーストの正体はパンにハムとチーズを挟んだもの。そう、またもやパニーニだった。



3月7日、フィレンツェ(イタリア)~ローマ(イタリア)


これがママのリベンジか。二日連続で寂しい朝食を食べたうちらは、朝からローマへ向けて出発。これが最後の目的地、街中に遺跡がポンポンあるっていうローマ。この旅最大のイベント『イタリアでジョジョポーズ』の会場予定地であるコロッセオが眠る地。テンションも上がります。でもおなかは減りました。これがママのリベンジか。


昼前にローマのホテルに到着し、荷物を置いて早速お出かけ。ローマは基本的に信号が少なく、車道が赤信号になって止まるなんて生ぬるいことはない。少しの車間に身体を入れて強引に止めるんだ。最初にそのテクに気が付くまでは大分時間がかかった。慣れりゃまあ面白いもんです。怖いけど。この日はいきなりコロッセオ駅へ。


露天で歩きながら食べれるちっこいピザを買って、コロッセオに隣接する巨大な遺跡フォロ・ロマーナの一部を見た後(広すぎて全部はとても見切れない)にローマ三大名所の一つコロッセオへ。余りのでかさに我を忘れて狂喜乱舞(嘘)。コロッセオの壁や階段を使ってお目当ての写真をひとしきり撮り、次の三大名所、トレビの泉へ。ハンガリーで余ったフォリントとチェコで余ったチェココルナを大量に投げてきた。近くにあったジェラート屋で「NAKATA」って味のジェラートを購入。中田が食べに来た時の注文だったらしい。


スペイン広場で解散して買い物。ブランド通りは高いし、その辺の店でネクタイでも買ってしまおうかなと思ってたんだけど、思ったより安いのがなくって断念。結局フラフラ歩いただけだった。そろそろお土産も揃えていかないとって話になり、ローマの中心部にあるっていう「ローマ三越」に行くことに。電車で近くの駅まで移動すると、店の前には見慣れた「越」のでかい字が。店内に入ったうちらを迎えてくれたのは、「いらっしゃいませ」という声だった。

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。